トップ > 有田焼ができるまで

有田焼ができるまで

有田焼は伝統的に、分業で作られています。

成形

成形
成形
陶土で形を作る工程です。大きく分けて、ろくろ成形と鋳込み成形の2種類があります。

素焼き

素焼き
素焼き
成形し乾燥させた素地をおよそ900度の低い温度で焼きます。これによって、本焼成の際に収縮率が大きくなって割れるのを防いだり、絵付けがしやすくなります。

下絵付け(線書き)

下絵付け(線書き)
下絵付け(線書き)
「呉須」という、焼くと藍色に発色する絵の具で絵付けをします。文様の線を描くことを「線描き」、線の中を塗ることを「濃み」と言います。

下絵付け(濃み)

下絵付け(濃み)
下絵付け(濃み)

施釉

施釉
施釉
「釉薬」をかけます。「釉薬」は白っぽい液体なので、呉須で描いた下絵はいったん見えなくなりますが、焼くと透明のガラス質になるので、肌につやが出て文様が浮かび上がります。また、水を通さなくなり、汚れにくくなります。

本焼成

本焼成
薪やガスなどの燃料を使い1300度ほどの高温で焼き上げます。呉須のみで加飾された「染付け」と呼ばれる製品は、この本焼成の工程で完成となります。
本焼成

上絵付け

上絵付け
上絵付け
本焼成が終わった製品に赤・緑・黄・金など、藍色以外の絵の具を釉薬のガラス質の上に施す作業です。白磁に上絵付したものを「赤絵」、染付け(下絵付け)したものに上絵付したものを「染錦」と言います。

上絵焼成

上絵焼成
上絵焼成
赤絵付で施した絵具の定着させるために、上絵窯(赤絵窯)という上絵を焼き付ける専用の窯で700〜800度の低温度で焼きます。

完成

完成
完成
完成した作品は、成形直後の素地よりも15%ほど縮みます。