トップ > 新着情報 > 【九州陶磁文化館】有田焼を再び世界ブランドとして育てた「幕末明治 有田の豪商」展を開催!

新着情報

【九州陶磁文化館】有田焼を再び世界ブランドとして育てた「幕末明治 有田の豪商」展を開催!

2018.08.01

有田の豪商1.jpg 

8月3日(金)より、九州陶磁文化館にて明治維新150年記念展「幕末明治 有田の豪商」を開催します。


江戸時代には無い新たな有田焼も創造し、産業革命を経て競争の激化した世界の磁器市場に再び有田焼を世界ブランドに育てた、有田の商人久富与次兵衛と田代紋左衛門が生んだ製品を通して、今日に続く有田焼の礎を紹介。
毎週土曜日の(8月4日(土)は除く)午後2時からは、学芸員によるギャラリートークが行われ展覧会の見どころを解説。


また、8月4日(土)の午後2時からは館内の講堂にて、「久富蔵春亭と肥蝶山信甫を末裔が語る」と題し、座談会を開催します(入場無料・事前申込不要)。


見ごたえのある展覧会ですので、是非ご覧ください。



幕末明治 有田の豪商-蔵春亭と肥蝶山信甫-

【会期】平成30年8月3日(金)~9月2日(日)
【時間】9:00~17:00
【入館料】無料
【休館日】月曜日
【場所・問】佐賀県立九州陶磁文化館 TEL:0955-43-3681