トップ > 買う:器・おみやげ > 奥川俊右ェ門窯

器・おみやげ

奥川俊右ェ門窯

奥川俊右ェ門窯

ろくろの名手で「現代の名工」に認定される奥川俊右ェ門氏の工房です。
展示場では、ほのかに向こうが透けて見えるような薄作りの肌、やわらかい曲線を描いたフォルム、薄い生地に入れられた彫の繊細な美しさなど、たしかな技術をもって表現された作品の数々をご覧いただけます。
氏の作品を実際に手に取り、手仕事にふれることで、洗練された白磁、青白磁の世界を体感してはいかがでしょうか。

〒844-0014
佐賀県西松浦郡有田町戸矢甲1537-1
TEL&FAX:0955-43-3727
E-Mail:info@shun-emon.com
営業時間:10:00~17:00
定休日:不定 (土・日・祝日、お休みの場合がございます。事前にご連絡お願いいたします)
http://www.shun-emon.com/

お知らせ

奥川俊右ェ門窯ホームページは、英語による説明も掲載されています。

商品紹介

  • 白瓷菖蒲文花瓶<br />ロクロ成形後、生の生地に花を描き、凸凹の彫りにて菖蒲の花を表現しています。

    白瓷菖蒲文花瓶
    ロクロ成形後、生の生地に花を描き、凸凹の彫りにて菖蒲の花を表現しています。

  • 白磁花瓶<br />シンプルな造形の中に高台(底)と口作りの技を生かした作品です。

    白磁花瓶
    シンプルな造形の中に高台(底)と口作りの技を生かした作品です。

  • フリーカップ(青白磁富士山文・青白磁バラ文)<br />

    フリーカップ(青白磁富士山文・青白磁バラ文)

店舗紹介

  • 奥川俊右ェ門工房

    奥川俊右ェ門工房

  • ギャラリー

    ギャラリー

  • 俊右ェ門窯旧展示場(撮影風景)

    俊右ェ門窯旧展示場(撮影風景)

奥川俊右ェ門 陶歴
1949年 佐賀県有田町に生まれる
1964年 15歳で陶芸の道へ入る
1971年 国の無形文化財、奥川忠右衛門に師事
1979年 奥川俊右衛門として独立
1981年 日本工芸会正会員認定
1986年 手ろくろ成形一級技能士合格・伝統工芸士認定
2001年 佐賀県立有田窯業大学校のろくろ科講師に就任
2002年 厚生労働省より卓越した技能者に贈られる「現代の名工」に認定
2005年 黄綬褒章受章
2010年 佐賀県立窯業大学校 ろくろ科講師に就任
2011年 上海ARTFAIR 2011に出展
2014年 ワシントンDC 日本大使館で行われたContemporary Japanese Ceramicsに出展
    Living National treasures and Othr Mastersに出展
    現在、日本大使館内に「青白磁牡丹文瓢形花瓶」展示中
2015年 第3回陶美展 奨励賞受賞
2017年 国立佐賀大学芸術地域デザイン学部 非常勤講師に就任
2018年 奥川俊右衛門改め奥川俊右ェ門として忠右ェ門窯跡地前へギャラリー移転