トップ > 新着情報 > 太宰府天満宮にて「全国梅酒まつりin福岡 2017」開催!

新着情報

太宰府天満宮にて「全国梅酒まつりin福岡 2017」開催!

2017.02.20

170220.jpg3月10日(金)~13日(月)まで、太宰府天満宮にて「全国梅酒まつりin福岡 2017」が開催されます。


このイベントは、北海道から沖縄まで全国各地の梅酒が集まる梅酒の祭典です。チケットを購入すれば、蒸留梅酒・醸造梅酒・ブレンド梅酒など150種類以上の梅酒を30分間の飲み放題で楽しむことができ、その場でお気に入りの梅酒を購入することもできます。メインイベントである梅酒の飲み比べや日本バーテンダー協会福岡支部による梅酒を使ったカクテルの販売が予定されています。また会場内では、酒器の展示・販売のブースも設けられており、有田町からは、金照堂艸窯(そうがま)が出展されます。


3月12日(日)には、「日本遺産シンポジウム」も同時開催されます。日本遺産に認定されている"肥前やきもの圏"の窯元・陶磁器店の出展や、前九州国立博物館館長・三輪嘉六さんの基調講演もあります。



福岡で全国から集まった梅酒を一度に味わえるのはこの4日間のみです。ぜひ足をお運びください。



全国梅酒まつりin福岡 2017
【期間】3月10日(金)~13日(月)
【時間】10:00~17:00 ※最終日は16:00まで
【場所】太宰府天満宮 (福岡県太宰府市宰府4-7-1)
【入場料】無料
【チケット】《前売》30分:1,000円
      《当日》30分:1,200円
【問】全国梅酒まつりin福岡2017運営事務局 TEL:092-524-2100 (平日9:30~17:30)



日本遺産シンポジウム
【日時】3月12日(日) 10:00~12:15 ※9:30開場
【場所】太宰府天満宮 社務所2階 余香殿 (福岡県太宰府市宰府4-7-1)
【内容】○前九州国立博物館館長・三輪嘉六氏 基調講演
    ○九州の日本遺産認定5団体(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県)によるパネルディスカッション
【問】日本遺産シンポジウム運営事務局 TEL:092-524-2099