トップ > 新着情報 > 有田焼創業400年記念酒「四百年の刻(とき)」誕生!

新着情報

有田焼創業400年記念酒「四百年の刻(とき)」誕生!

2016.05.13

160513_2.jpg有田焼創業400年を記念した日本酒「四百年の刻(とき)」が誕生しました。
これは有田にある蔵元・宗政酒造が企画した、日本最古の米と酒製造方法で作った日本酒を有田焼の特製のボトルで提供するプロジェクトの中で生まれたお酒です。
日本磁器誕生・有田焼創業400年を迎えるにあたり、地元のJAや酒米生産者、有田の窯元、陶山神社などと協働し、地域活性化を図ろうという目的のこのプロジェクトですが、クラウドファンディングプラットフォームを提供する株式会社ドリームレイジングと共に進められています。


原料米は有田焼が誕生した当時に栽培されていたとされる赤米(古代米)で、日本で初めて栽培された現生種のお米と言われています。2015年に一般参加による田植え・稲刈りが行われ、黒髪山の岩清水を使ったこのお酒は、平安時代に編纂された「延喜式(えんぎしき)」の中に記された日本最古のお酒の製造方法を参考に、従来にない究極の酒造りで再現されたものです。
また、人間国宝の井上萬二氏・柿右衛門窯・李参平窯などの有田を代表する14の窯元が、この「四百年の刻(とき)」のためのボトルを製作しました。


有田焼創業400年の記念すべき年に生まれた、原料・水・製法・ボトル全てにこだわった有田のお酒。ドリームレイジングホームページより、ぜひ支援をしていただき、有田焼創業400年をお祝いしましょう。



【クラウドファンディングについてのお問い合わせ】
株式会社ドリームレイジング TEL:03-6272-9749


【「四百年の刻(とき)」についてのお問い合わせ】
宗政酒造株式会社 TEL:0955-41-0020