トップ > 新着情報 > 佐賀県重要文化財「染付有田皿山職人尽し絵図大皿」がアニメ化!

新着情報

佐賀県重要文化財「染付有田皿山職人尽し絵図大皿」がアニメ化!

2016.04.28

16428_2.jpg現在、有田陶磁美術館には、江戸時代後期に作られた「染付有田皿山職人尽し絵図大皿」という大皿が展示されています。
佐賀県重要文化財に指定されているこの作品は、江戸時代の有田皿山で働く有田焼の職人の姿を製造行程ごとに描いたものです。


2016年、有田焼創業400年を迎えたこの年に、「平成の有田皿山職人尽し絵図大皿」が完成しました。《伝統工芸》と《機械化・オートメーション化》の2種類の絵付けがされた大皿です。
また、江戸時代の大皿の中で働く職人の姿をアニメーション化し、平成の職人と比べて見ることができるようになっています。
有田焼をご存じない方や子ども達が見ても、伝統的な有田焼の作り方やその歴史が分かりやすく紹介されています。
また、現在の有田焼の製造方法を後世の人々に伝えるために、町内の各窯元で働く職人さんの作業風景を撮影し、こちらも映像で見ることができます。
「平成の有田皿山職人尽し絵図大皿」2種類の展示とアニメーション映像の放映は、有田陶器市初日の4月29日(金・祝)より有田陶磁美術館にて開始されます。
この機会に、ぜひ足をお運びください。



【展示場所】有田陶磁美術館
【時間】9:00~16:30
【定休日】月曜日・年末年始
【展示期間】4月29日(金・祝)より展示開始
【問】職人尽し絵図アニメ化事業委員会(有田町歴史民俗資料館内) TEL:0955-43-2678