トップ > 新着情報 > 伝統文化の交流プラザ「有田館」にて『碗灯』展示中!

新着情報

伝統文化の交流プラザ「有田館」にて『碗灯』展示中!

2016.03.29

160329.jpg伝統文化の交流プラザ「有田館」では、有田焼創業400年にあたる2016年のオープニングセレモニーの際、泉山磁石場(※1)を美しく飾った碗灯(※2)を展示しています。
人間国宝の井上萬二氏、中島宏氏、今泉今右衛門氏の碗灯とともに、酒井田柿右衛門氏や町内の若手陶芸家、伝統工芸士、有田の子供達が描いた碗灯を4月中旬まで展示しています。


伝統の文様や独自の技法を盛り込んだ碗灯、有田の子供達のアートな才能が垣間見える碗灯を是非ご覧ください。



【期間】4月中旬まで展示中 9:30~17:00
【場所・問】伝統文化の交流プラザ「有田館」(有田町幸平1-1-1)
      TEL:0955-41-1300


※1)泉山磁石場とは、400年前朝鮮人陶工・李参平が磁器の原料となる磁石鉱を発見した場所。ここから有田焼の本格的生産が始まりました。
※2)碗灯とは、磁器の光を通す特性を生かした灯り。